2007年02月20日

2007年2月の購入本速報☆(2)

今週も面白そうな本をたくさん購入できました☆

今回も書評は無しで、本のご紹介のみとさせて頂きます(^^ゞ




-----------------------------------------------------------

◎思考系…



先を読む頭脳



モテるコンサルティング戦略



失敗学のすすめ



■ひと言■

『先を読む頭脳』…これは、人工知能を研究している伊藤毅志さんと、認知科学を研究している松原仁さんが、天才棋士・羽生善治さんの頭脳・知的行動を科学的に分析しているという、まさに半端なく魅力的な本です。人工知能はコンピューター、認知科学は人間の思考を追求する科学です。調べ読みの段階でも、内容の事細やかさ、そして分析の深さなどが、並々でなく感じ取られたので迷わず購入しました。まだ未読なので、読むのが非常に心待ちです^^

『モテるコンサルティング戦略』…これは筆者曰く、「経営と女性心理における【戦略】について解説する本である。とのことです。僕も、HRインスティテュート・野口吉昭氏の著書である「〜ノウハウ・ドゥハウ」シリーズ、その他にも「ボストン・コンサルティンググループ」、「マッキンゼー&カンパニー」、「船井総研」を筆頭に、数多くの経営戦略に関する文献を読んできた訳ですが、本書はそういった『経営戦略の考え方・経営戦略に使うツール』をふんだんに活用して、恋愛における【戦略】に落とし込んでいます。でも、僕が見る限り、本書は「恋愛のハウツー本」ではなく「経営戦略のハウツー本」です。実際、巻末付録にも経営用語辞典が付いていますし、本書の内容自体も「経営戦略に使う主要な思考法・ツール」を網羅しています。僕も、こういった経営戦略を現実社会の問題に落とし込むのが好きなので、こういった本にはすごく興味をそそられます^^

『失敗学のすすめ』…なんか凄いです(汗)失敗をここまで体系的に分析して、知識化できる手法があったんだなって感じです。失敗を科学する方法から、活かす方法、そして防ぐ方法まで、かなり具体的かつ理論的に記されているような印象を受けました。恐らく相当ハイレベルな内容かと存じます。もちろん即買いです。



-----------------------------------------------------------


◎人格系…



人生論・愛について



■ひと言■

最近文学にもすごく興味がありまして、本書の購入もその影響の及ぶ所です。また、本書は小説ではなく、武者小路実篤さん自身が人生に対する考えを述べた人生論です。こうした有名な文学家の書いた、文学以外の文章に非常に興味があったので購入しました。



-----------------------------------------------------------


◎ビジネス系…



[新訳]新しい現実 政治、経済、ビジネス、社会、世界観...



■ひと言■

氏がビジネス界において『世界のピーター・ドラッカー、日本の大前研一』と称されるているのは、もはや周知の事かと思われます。私もピーター・ドラッカー氏の「自己実現論」で、氏の仕事に対する哲学に感化されて以来、氏のことを深くオマージュするようになりました。行く行くはピーター・ドラッカー氏の書物を全て網羅したいなと思っているのですが、なんと今回は、たまたま立ち寄った古本屋で本書が100円だったんですね^^勿論、機に乗じて迷わず購入しました。次は「プロフェッショナルの条件」を購入予定です。



-----------------------------------------------------------


◎受験勉強系…


使い方の分かる類語例解辞典



■ひと言■

非常に無念な事に、現在私の使っている電子辞書『Papyrus PW-V9550(シャープ製)』には、シソーラス(類語辞典)が収録されていません。この類語辞典、『こんなことを表現したいんだけど、何か良い言葉はないかな?』、『これまで使っていた陳腐な表現は辞めて、何か今までとは違う新しい表現をしたいな。』、『もっと語彙を増やしたいな。』なんて時に絶大なる効果を発揮する訳であります!!なんか言葉を選ぶのがすごく楽しくなる。そんな不思議な力を持った辞書です。小生、なんと恥ずかしながらも、今までこういった類語辞典の素晴らしさを知らずに生きてきました。此度は、この類語辞典の底知れぬ魅力に見初められて購入した次第です。現在、類語辞典の中で最も高い評価を集めているのは『角川類語新辞典(角川書店)』なのですが、本書は値段も手頃で、類語に相当する英語も逐一収録されているということだったので、受験勉強の便宜上、今回は本書を購入することにしました。類語辞典を積極的に使うことで、こうしたブログの執筆活動などを少しでも受験勉強に役立てて行きたいものです(^^ゞ



-----------------------------------------------------------


◎文学系…


吾輩は猫である



■ひと言■

今回、日本の代表的な文学作品の中で何か良い本ないかな?と模索している内に辿り着いたのが本書です。日本には素晴らしい文学家がたくさんいるわけですが、その中でも特に、夏目漱石さんの彩色に富んだ語彙力、臨場感溢れる描写力、巧みな表現技法に、私は並々ならぬ魅力を感じている訳であります。僕もいつかこんな文が書けるようになりたいものですm(__)m



-----------------------------------------------------------




という訳で、以上が今週購入した本です☆

なるべく早く個別の書評をお届けできるよう、受験勉強の合間を縫って頑張って行きますので、今後とも宜しくお願い致しますm(__)m

それでは、今回も最後まで読んで頂き誠にありがとうございました(^^)/



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆

このブログって、今何位? → 人気blogランキングへ
posted by けんぞ〜 at 01:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■今月の購入本速報☆

2007年02月13日

2007年2月の購入本速報☆

今週は結構いっぱい本を買ってしまいました(^^ゞ

とりあえず、今回は紹介のみにて。




-----------------------------------------------------------


◎まずはスキルアップ系…


理科系の作文技術



コミュニケーション技術―実用的文章の書き方



ビジネス文 完全マスター術



プロ弁護士の思考術



情報考学―WEB時代の羅針盤213冊


■ひと言■

最近、『書く技術=読解する技術』なんじゃないかなみたいなことを考えています。
つまり、体系的に文章を組み立てれることができるようになることで、体系的に文章を崩して読み取ることができるようになるのでは?ということなんですね。
ってことで、早速読んでLet's仮説検証♪
ちなみに、今回購入した『情報考学』。やばいです。分厚いです。情報量が半端じゃないです。しかも見た感じ、情報のクオリティも相当高そうです☆今回もいい本が買えました。



-----------------------------------------------------------


◎コンサルティング系…


戦略思考トレーニング―考える力が飛躍的にアップする!



[野口式]コンサルティング ハンドブック


■ひと言■

この2冊、両方とも文庫本サイズでページ数もそんなに多くはないのですが、内容も体系的で凄く分かりやすそうな感じでした。
こういった文庫本って、ひっそりどこかに埋もれていることが多いんですよね。だからこそ、僕はそんな掘り出し物を探すのが結構好きだったりします。胡散臭い本が多いっていう事実も、よく言えば文庫本ならではの醍醐味かなと^^



-----------------------------------------------------------


◎人格系…


論語



人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜


■ひと言■

論語は今まで『図解 論語』のような軽いタッチのものしか読んだことがなかったのですが、ついに原文を紐解くことにしました。
『宇宙最大の本』と呼ばれている論語だけに、すごく楽しみです。



-----------------------------------------------------------


◎ライフスタイル系…


「朝に弱い」が治る本―スッキリした目覚めを手に入れ...


■ひと言■

実は、朝弱いんです。
アマゾンのカスタマーレビューで凄い酷評を受けていた本書ですが、個人的には結構ためになりました。具体的にはまた今度。



-----------------------------------------------------------


◎受験勉強系…


だからおまえは落ちるんだ、やれ!―暴走族から予備校講...



灘校キムタツの頑張ってるから悩むねん。


■ひと言■

2冊とも感無量です。非常に強い影響を受けました。
具体的なことについて今は書きませんが、ただ一つだけ言えるのは、これは受験本といった類のものなんかではなく、志を持つ人全てが読むべき本だなってことです。
受験には、戦略よりも大切なものがある。そう思わせてくれた2冊です。



-----------------------------------------------------------


◎文学系…


クリスマス・キャロル


■ひと言■

文学の天才と呼ばれるチャールズ・ディケンズの代表作です。
この本を購入した理由は、何を隠そう、フランクリン・コヴィー氏の著書『第8の習慣(もしくは7つの習慣の限定版)』に付属しているDVDで、この作品が物語の題材となっていたからに他なりません。
筆者をもって、イマジネーションが爆発したとまで言わせるこの傑作。すごく楽しみです。
この作品をきっかけにして、今後も文学作品を少しずつ読んで行きたいなと思います。



-----------------------------------------------------------



さて、以上が今回購入した本でした^^

また、これらの本も読み終え次第レビューをお届けしたいと思います☆

もう何冊か既に読んでるんですけどね…今日はもう疲れた、疲れたんだよパトラッシュ…

そんな僕に応援プリーズ♪



ランキングに参加しています。愛の一票よろしくお願いします☆

このブログって、今何位やねん!? → 人気blogランキングへ
posted by けんぞ〜 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■今月の購入本速報☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。