2007年01月16日

白虎隊に学ぶ生き方…

nissinnkann.JPG

さてさて、皆さんどうもご無沙汰しておりましたm(__)m

ここ最近は学業に追われてなかなか更新できませんでした^^;

という訳で、久々の更新…

今日のテーマは白虎隊です☆

先日、新春特別ドラマ『白虎隊』を観てたくさんのフィードバックを得たので、本ではありませんが敢えてこのブログで採り上げることにしました。(記事トップの画像は、白虎隊が教育を受けた会津藩の藩校「日新館」の写真です。)

また、今後『コリン・ローズの加速学習法…』関連の記事については優先順位を少し下げ、臨機に応じて更新という形でやって行こうと思っております。

どうかご了承下さいm(__)m


---------------------------------------------------------------------


◎冒頭…


このドラマは、我々現代人に『人としてどう生きるべきか?』について訴えかけている。まさしくそんなドラマでした。

ドラマ冒頭でも示唆されていたように、これらのメッセージは『ますます拍車を駆けるいじめ/人間性を失った拝金主義/生きる目的や意味を失ったニートやフリーターに対する問題』について向けられたものです。

そして、歴史と共に色褪せた…

『会津魂の素晴らしさ』

に、かつて日本人が世界に誇った"気品のある人格"を取り戻す重要項が含まれているということを訴えかけているのです。

そういった意味で、若者から強い関心を集める"山下智久さん(酒井峰治役),田中聖さん(篠田儀三郎役),藤ヶ谷太輔さん(伊東又八役)"などをキャスティングしたことなども、かなり効果的だったのではないかと考えています。

俳優が時代の規範となってあるべき姿を訴えかけていくことは、とても意義のあることだと思います。

さて、話しが逸れましたが^^;

かつて、司馬遼太郎は会津の人々の洗練された人間性を見てこういったそうです…

『会津のことを考えると、日本民族も捨てたものではない。』

つまり、これはかつて日本民族がどの民族よりも高い気品と人格を備えていたことを意味しているのです。

かくいう私も、会津魂を学んでからは…

『日本人は世界に誇れる民族である』

と、自信を持って言えるようになりました。


---------------------------------------------------------------------


◎命よりも重いもの…


日新館で教育を受けた武士達は…

【気品のある死に方をすること】

を何よりも大切に考えていました。

ここで重要なのは…

『気品のある死に方をするためには、気品のある生き方をしなければならない』

ということです。

では、何ゆえ会津の人々はかのような「気品のある生き方」をすることができたのでしょうか?

それは、会津の人々が「人間としての気品」を命よりも重いものとして考えていたからです。

会津の人々が命よりも重いものと考えたもの。

それは…

・道義
・正義
・忠義


です。

こういった考え方が、自らの命を超越させ…

【気品のある生き方】

を彼らにさせたのです。

『あなたには自分の命よりも大切なものがありますか?』

私達も今一度…

『自分の命よりも大切なもの』

について深く考える必要があるのではないのでしょうか?


---------------------------------------------------------------------


◎死に値する働き…


会津の武士は…

『義と名誉を守るために死ぬことは、死に値する働きである』

と考えていました。

つまり、会津藩士は…

美しい城
美しい山河
美しい会津魂
大切な人

を守ることをそれとしたのです。

また…

死ぬに値する働きができないまま卑しくも生き延びてしまった時
不名誉な殺され方をされると悟った時

その時は、自ら気品のある死に方をすることを選択し、そうなる前に自刃によって自らの命を絶ったのです。

これこそが…

『武士は死んでも桜色』

と言われた所以です。


---------------------------------------------------------------------


◎生きるに値する働き…


吉田松陰先生の言葉に…

『死友に(そむ)く者、(いずく)んぞ男子と称するに足らんや。』

といった言葉があります。

ここで忘れてはならないのは、先立った者/生き残った者それぞれに…

死んでいった者の辛さ
生き残った者の辛さ

があるということです。

私はこの言葉に涙しました。

かくいう私も、24歳にして大切な友に二人も先立たれてしまっているからです。

生き残った私にできること、それは…

『生きるに値する働きをし、気品のある生き方をすること』

に他なりません。

真心の全てが、先立った二人の元へ届きますように…


---------------------------------------------------------------------


◎什の教え…


会津の藩校『日新館』では、幼年期から少年に対し…

【徹底的な行動規範】

を持って、高い品格を持った武士となるよう教育してきました。

こういった行動規範が、世界に誇れる会津魂を支えてきたのだと言われています。

その原文がこちら…

会津藩幼年者〜什の掟〜

一、年長者の言うことに背いてはなりませぬ。
二、年長者には御辞儀をしなければなりませぬ。
三、虚言を言ふ事はなりませぬ。
四、卑怯な振舞いをしてはなりませぬ。
五、弱い者をいじめてはなりませぬ。
六、戸外で物を食べてはなりませぬ。
七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ
◎ ならぬ事はならぬものです。


もちろん、この中には現代に即さないものもあります。

しかし重要なのは、全ての人がこういった…

『人としての正しいあり方を示した行動規範を共有すること』

なのです。

そして、その際は…

『ならぬことはならぬ』

という、理屈を超越した精神こそが、己、そして他を正す拠り所となるのです。


私が白虎隊から学んだこと。


それは…

命よりも大切なものを自分の中に持つこと
気品のある死に方をするために、自分は何をしなければならないのかを考えること
什の教えのような、確固たる行動規範を持って常に己を正すこと

です。


本日は以上です。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございましたm(__)m




ランキングに参加しています、応援よろしくお願いします☆

このブログって、今何位? → 人気blogランキングへ
posted by けんぞ〜 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■人間力錬金室
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。