2006年11月07日

ストレスフリーの人間関係を手に入れる…

先日、友人とジョイントブレインストーミングを行い、ある議題についてディスカッションしました。

そのテーマは…

『最近、人間関係が息苦しいと感じることがよくある。』

です。


私は、自分自身を振り返って…


・新規の交友関係を築くのにすごく消極的になってしまう。(電話番号やメールアドレスを交換するつもりがないという前提で接してしまう)

・親との間に会話や冗談が少なくなってきて、家族としての強いつながりがあまり実感できない時が増えてきた。

・仲のいい友人といる時だけ『自分が自分でいられる』ような感じがして、第3者や、職場・家族の中では『自分が自分じゃない』ような息苦しさを感じる。



以上のような問題があることを自覚しました。


どんな人と会っても自分を変えることなく、友達や職場・家族そして第3者など、その全ての人と同じように接することができ、それでもなお人気者の人っていますよね。
例えば芸能界で言うと、さんまさんや関根さんのような人です。

みなさんも一度はこう思ったことがあるはずです。

『全ての人とこんな風に付き合っていけたらどんなに楽だろう。』

と…

現在では、実質的に約10人に1人が社会性障害を抱えているとされていますが、正直自分もそうなんじゃいかと思うこともよくあります。


つまり下の図のような状態です…

identity.JPG←クリックすると拡大します



これは、親しい友人との間にだけ自分のアイデンティティーがあり、また友人もそのアイデンティティーを認めてくれているが、その他の第3者や、職場・家族の中で自分のアイデンティティーを見失っている状態を指します。


では、アイデンティティーとは何なのでしょう?

それは…

『あるものがそれとして存在すること』

『人が時や場面を越えて一個の人格として存在し、自己を自己として確信する自我の統一を持っていること』



です。


実は私は…

『アリーmyラブ』

     


というドラマがすごく好きなのですが、この『アリーmyラブ』のような人間関係が私の理想です。


このドラマが描く人間関係の魅力は…


・どんな人とでも素と素でぶつかっていく所。

・とても論理的な会話や言い回しのやり取り。

・素でぶつかっているからこそ出せる気の利いた台詞や思いやり。

・素で付き合っているからこと真剣に謝ったり、相手を想って怒ったり、できないことはできないとはっきり断ったりしている所。

・仕事が終わったら、同僚全員とヴォンダ・シェパードが歌うBARに行って楽しく騒いだり、音楽や歌に合わせてダンスをしたりして、毎日楽しいアフター5を満喫している所。


などです。

『アリーmyラブ』は、人生には素晴らしい仲間と歌とダンスがあるということことをしみじみ感じさせてくれます。


私は、こういったアットホームなドラマを観察している中で、これを現実のものにできるかもしれない重要なファクターを発見しました。


それは…

・こういったドラマの登場人物は、自分自身が何者かというしっかりしたアイデンティティーを持っているということ。

・そのアイデンティティーを、友人だけでなく第3者や、職場・家族の中など、どんな場面でも存在させ、またそのアイデンティティーを周りの人から認めてもらっているということ。


です。


よって…


【アイデンティティーを統一すること】

つまり…


【全ての人に対し、同じアイデンティティーで接すること】


これが、ストレスフリーの人間関係を手に入れるための最重要ファクターなのです。




分かりやすく説明すると、下の図のような感じです…

identity2.JPG←クリックすると拡大します





そして、私達はディスカッションの中で、全ての人との間にアイデンティティーを存在させるために…


【自分のありのままの姿(素)で接すること】


これが大切であるという結論に達することができました。

とはいっても『素』というものはすごく抽象的です。

実態が曖昧なものを実行することは極めて困難です。

なので私は、次の3つの自問と8つの実行リストによってこれを具現化させていくことが重要だと考えています。





【3つの自問】


『私は今、この人の前でありのままの姿を出せているだろうか?』

『私は今、この人とありのままの気持ちで話せているだろうか?』

『私はこの人との間において、自分を作ったり、出し惜しんだりするようなことをしていないと言えるだろうか?』



【8つの実行リスト】


・1対1として付き合う

・自分の全てをさらけ出す

・あいさつ

・スキンシップ

・困っている時は自分のありのままの姿で相手を想い、サポートする

・言うべきときに相手のためを想って真剣に注意する

・できないことは思いやりを持って断る

・ユーモアを持って楽しませようとする





大事なのは、『素で付き合う』の定義を自分で形作り、それを実行していくことです。



このような自問と実行リストに基づいて接して行けば、どんな人との間でも統一されたアイデンティティーを持って付き合うことができるようになり、また、人間関係の中で生じる諸悪から解放されるんじゃないかと思っています。



例えば以下のような感じです…


・立場の上下で苦しまなくなる
(正直な言葉で正直な気持ちを話せるようになる。オフィシャルな場を離れたプライベートでも、素と素の関係でいられるようになる。)

・人を避けたり、憎んだり、あるいは人に見切りをつけたりしなくなる
(全ての人にオープンであろうと誓うことで、人を選別したり、深い関係になることを避けたりしなくなる。また、関係に亀裂が生じそうになった時は、勇気と思いやりを持って修復しようとする。)

・会話が苦痛にならず、気楽で楽しい人間関係が築けるようになる
(自分を無理に作って話そうとしなくなる。また、変に気を使ったり、壁を感じたりしなくなるので気楽になり、話したい時に話したりちょっとしたジョークが言えるようになる。)

・人を軽んじたり、人から軽んじられたりするようなことがなくなる
(素でありのままの相手は悪い人ではないと信じることで、相手の絶対的価値を尊重するようになる。また、自分がありのままの姿を出すことで、自分もまた人からそう思われるようになる。)


どんな人とでも、今いるあなたの親友のように接することが出来たらどんなに素晴らしいでしょうか。

どんな人とでも素の自分で付き合って行けたら、一体どれほどの悩みが消えるでしょうか。



私は、人間関係において自分を見失わないために…

【素の自分で話す】

これを大切にして行きたいと考えています。


また今後は、その実行リスト挑戦日記や、実践する中で新たなことを学んだことなどを書いて、実体験で成果を上げることでその効果を証明できたらなと思っています^^


では、長文でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました☆


今日はこの辺で(-ω-)/



ランキングに参加しています、応援よろしくお願いします☆

このブログって、今何位? →  
にほんブログ村 経営ブログへ FC2ブログランキング 人気ブログランキング
























posted by けんぞ〜 at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■コミュニケーション錬金室
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。