2006年09月26日

洞察力を鍛える…

今日は、私がいつも取っているメルマガの中で、とても興味深い記事があったのでそのまま引用します←久々の手抜き^^;


(〜中略〜)


さて、「ロールモデル」って何?という方も、
当然いらっしゃるとは思いますが、

これは、つまり、「Role Model」 ロール=役割 モデル=規範(ひな型)
ということで、「行動の規範となる存在」や「お手本」という意味合いで、
いろいろなところで使われている言葉です。



これに関連して、最近は、「モデリング」という言葉も、
いろいろなところで耳にするようになりました。



まぁ、「モデリング」という言葉も、つきつめていくと、
非常に、幅広く使われる言葉で、その状況に応じて、意味合いが
ころころ変わってしまう言葉なのですが、

このケースでの、「モデリング」の意味は、
「お手本になる人」を見つけて、その人の行動、考え方を、
吸収して、それを手本に、自分の行動にあてはめていくことと、
とらえていただくとわかりやすいと思います。



さて。

言葉の意味が、なんとなくわかってもらえたうえで、
次は、私自身の経験談。


超就職氷河期という1998年に、出来の悪かった親不孝モノな私は、
さくっと大学を留年して、さらにさらに就職に不利な状況を、
作り、なんとか、とあるIT系のベンチャー企業に就職したのが、
1999年

あのころの私は、読書もろくにしなかったし、
新聞も、スポーツ新聞しか読みませんでしたから、
当然、「ロールモデル」なんて言葉は知りませんでしたが、

はじめて入社した会社は、恐ろしいほどの「体育会系」の会社で、
「上司には絶対服従」という世界で、バカだのアホだの言われながら、
必死に、上司についていこうと頑張ったのを思い出します。


当時の私には、恐ろしいほどに、人に厳しい人だけれど、
自分の数字にも厳しく、いつもダントツの売上を上げる上司がいました。


今の自分の「立ち位置」や「考え方の軸」となっているものを考えると、
そのときの鬼上司が、当時の私の「ロールモデル」だったのかな?
と思うことがあるのですが、

当時の私は、その上司を見て、
「こんな人になりたい」なんて、これっぽっちも思っておらず、

どちらかといえば、
「こんな人にはなりたくない」と思っていました。



十人十色。



よくよく考えれば、わかることですが、
「アノ人みたいになりたい」と思ったところでなれるはずもありません。

しかしながら、面白いもので、
「アノ人みたいになりたくない」ということを実現することは
非常に簡単です。



反面教師。



ぜひ、落ち着いて、あなたの周りを、見回してみてください。


恋愛、結婚、その他もろもろプライベートな部分では、

「人とうまくつきあっていくには、その人の良いところを
 見つけるようにしましょう」

ということがよく言われます。



しかしながら、ビジネスの世界では、これを、そのまま実践すれば、
ただ単に、やさしいだけの、実は頼りない、アタマの弱いビジネスマン
の出来上がりです。



多くの うだつのあがらないビジネスマンは、

「アノ人みたいになりたい」という「ロールモデル」を安易に見つけ、
 なれるはずもないのに、その人の猿真似ばかりをしていきます。



「私は、ポキスケさんのようなビジネスマンになりたいんです」

 このようなことを言う若い部下が、今まで何人もいました。



そんな部下に対して、いつも私は、

「そんなしょうーもない眠たいこと言うヒマがあったら、
 僕の欠点とか、アラ探ししてみたら?

 そして、その部分で、君が僕を踏み倒すくらいの、
 ぶっちぎりの勢いで仕事してくれるほうが嬉しいんだけど・・・」


例外なく、こう言い続けてきました。




実は、ビジネスの世界って、

「あの人のような結果を残す」よりも、
「あの人が出来なかったことを結果として残す」ほうが、

非常に簡単だと、私は、経験上、思っています。



これは、おそらくサラリーマンの世界だけではなく、
ひょっとしたら、他の世界でも同じことなのかもしれません。



私が、学生時代に、アルバイトでお世話になった植木屋の大将

学校を卒業して はじめて入社した会社の鬼上司

いろいろとお世話になった、年商30億以上の会社を経営する女社長さん

一流企業の部長をしながら裏で会社を5つも経営する部長さん



今まで、いろいろと、「この人はすごい!自分の目標にしたい!」
という方と、すばらしい「縁」をいただいてきましたが・・・


例外なく、みなさん 口を揃えて、

「私みたいになる必要はない、なぜなら・・・」
 
 ということを、おっしゃっていました。




この「なぜなら・・・」という部分に、
自分なりの答えが見つけられるかどうかが、
おそらくポイントなのだと、今となっては、切に思います。



このような考え方が出来るようになれば、きっと、

「この会社には、自分のロールモデルになる人がいない」というような
 ねむたいことは言えなくなるでしょうね。



ビジネスって、いかに「穴」を見つけて、
自分が、そこを埋めることができるかどうかを考え、
そして、人よりも先に、率先して、その「穴」を埋めていく


私は、そんなもんだと思っています。


どんなに素晴らしい上司や、ビジネスマンでも、
注意深く見ていれば、その方には埋めれない「穴」があるものです。

それを、あなたが埋めればいいだけのこと。

(〜中略〜)



「出世したいサラリーマンへ!ポキスケ流世渡り講座♪」より抜粋



今までの私には、このような発想がなかったのでとても斬新でした^^

この方法論を使えば…

本文中にもあるように、例え、腐りきっていて『勝ちに行く』べき相手が一人もいないというような恵まれない環境におかれたとしても、相手に『勝つ』ための目標を見出すことができます。

常識的なモデリングの概念から抜け出した発想だと思います。

ただ、私は…

【他の優れた行動特性を持った人から、その人の行動・考え方を自分のものにする方法】

プラス

【ただ欠点から学ぶだけでなく、その部分で相手に勝とうとする方法】

この2つの考え方を併せ持ち、より卓越した観察力を養うことが大切なのではないかと考えています。

それは…

物事を見る切り口は、多ければ多い程良い

からです。


洞察力。これは、見る切り口を増やすことによって鍛えられるのではないでしょうか?

今回ご紹介したメルマガ、「出世したいサラリーマンへ!ポキスケ流世渡り講座♪」の登録は、こちら から☆
posted by けんぞ〜 at 00:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | ■仕事術錬金室
この記事へのコメント
この引用部分、私も非常に感銘を受けました。モデリングにとらわれすぎている自分の現状を非常に冷静に認識できたように思います。
Posted by デリピエロ at 2006年09月26日 20:11
多分私もモデリングに囚われていたからこそ、考えさせられる部分があったのだと思います^^;
まあ、どちらかと言われると型破りな方ですが(*/_\*)
他の人の欠点から学び、その部分でぶっちぎる。
つくづく斬新ですね〜。
共鳴してくれる人が居て良かったです^^
Posted by けんぞ〜 at 2006年09月26日 22:34
こんにちは、LAビジネスウォッチャーズの羽くじら♂です。

ただその人の良いところだけを学ぶのではなく、弱点を反面教師として学ぶ姿勢は大いに参考になりました。自分のゴールはその人ではなく、その人を乗り越えたところにあるんだと、高く目標を持つべきですね。
Posted by LAビジネスウォッチャーズ at 2006年10月04日 05:57
いつもありがとうございますm(__)m
私も、LAビジネスウォッチャーズ様の『今日のいい言葉』コーナーからは、しばしば教訓を得ています^^
最近更新が滞っていて申し訳ございません^^;
自分のアウトプットのため、または自分の学んだ知識をみなさまにも共有していただくために、今後も更新し続けて行きたいと思います☆
今後ともよろしくお願い致しますm(__)m
Posted by けんぞ〜 at 2006年10月06日 16:46

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。