2006年09月12日

相乗効果を発揮する…

私は、一週間に一回メンバーと集まり会議を行っています。
今回は、その会議の意義と、『相乗効果』について書いてみたいと思います♪

@CREWという考え方…

私達メンバーはクルーという形で活動しています。

クルーの特徴は…
・全てのメンバーが、色々な人から学び、自分を高めて行きたいというビジョンを共有している。
・業界に関係なく様々なジャンルの人間が集まる。
・リーダーが存在しない。
・クルーのメンバー同士は、お互い長期的な良い関係を築くことを最も重要視し、また干渉しない。
・一人のメンバーに対して、クルーのメンバー全員がバックアップする。
ということです。

A何故CREWなのか?

人間は一人で生きていくよりも、より多くの人間とスクラムを組んだ方が成果を上げることができます。
また、人間は個人の意志次第で、人生の中で出会う全ての人との間において次の3つの選択肢を持つことができます…

・それぞれが、相手の成功を阻止するために足を引っ張り合うこと。
・ただ集まって、同じ時間を過ごすだけに留まること。
・関わりを持った人と自分との間に、相乗効果をもたらすこと。

今回ここで一番重要なことは…

『私達は、自分の意志次第で、どんな人との間においても、何らかの相乗効果を生み出すことができる。』

ということです。

よって、私達はクルーとして生きることで、一人で生きる場合よりも多くの成果を生み出すことができるのです。

BCREWの意義…

つまり、クルーの意義とは何なのでしょうか?

クルーには、4つの意義があります。

それは…

【相乗効果】


【Win-Winの関係】


【長期的に良き友人である】


【多くの力を集めることができる】


です。


C相乗効果を生むために必要なこと…

しかしながら、私達はメンバーとただ集まるだけでは相乗効果を発揮できません。

ただ集まることは、ただ遊んでいるだけに過ぎないのです。
時にそれは、生産的なものを一切生み出さず、ただの時間の浪費となります。

そうしないためには、次の4つのことが必要です。
まずは、こちらをご覧下さい…

sikakerukoto.bmp←クリックすると拡大します。


ご覧の通り、相乗効果を生み出すためには…

1,仕掛けること

2,与えること

3,学ぶこと

4,課題を作ること

この4つの要素が必要です。

では、一つずつ見ていきましょう。

『仕掛けること』とは…

各個人が自らの人生において、気高い理念・あるべき姿、具体的なビジョン、あるいは自己啓発のために、常に何らかのアプローチを仕掛けていることです。


各個人が、自分の人生において何の行動も起こしていなければ、自分にもメンバーにも一切の利益をもたらしません。
各個人には、相乗効果のために、まず自らの人生においてアクションを起こすことについての責任を持たねばなりません。

『与えること』とは…

各個人が既に所有している知識・技術を惜しげもなくメンバーに差し出すことです。


各個人が、自分の知識・技術を隠していては、何の成長もありません。
また、【Win-Win】の関係においては、ギブアンドテイクが基本です。
与えることによって初めて貰う権利が発生します。
ただ学ぶだけでは、相手が【Lose】になってしまいます。
また、新しい知識・技術を手に入れるためには、絶えず新しい何かを仕掛けることが必要ようです。そのための『仕掛けること』でもあります。

『学ぶこと』とは…

各個人が自分の仕掛けていることの進行状況をメンバーに発表し、フィードバックを受けること。
または、各個人が、学ぶことに対して常に貪欲であることです。
どんな些細な言葉もメモに控え、そこから知識・技術を得ます。何があっても諦めず、成長することを途絶えさせないという、確固たる信念を持つことです。


まずは、フィードバックです。
できるだけ多くの人から、自分に対しての他己分析を求め、客観性を保ち、また、そうすることによって絆を強くしていきます。
次は、他人の卓越性を素直に認めることです。
そして、自分の興味のあることだけにフォーカスするのではなく、どんな要素も吸収します。
【絶対に取りこぼさない】これが重要です。
取りこぼした知識・技術に対して、悔しさを持つぐらいがちょうど良いのではないのでしょうか?

『課題を作ること』とは…

コンセプトを持つことです。
自分自身の人生に常に問題提起し課題を作ること。
または各個人が、次にみんなと会う時に【何を与えるか】、【何を学ぶか】、【今仕掛けていることに対する成果を、どうやってみんなに発表するか】をリストアップにして明確にすることです。


これは、相乗効果を生み出すための意志表示でもあります。
テーマを持ってミーティングに望まなければなりません。




最後に重要なのは【バランス】です。

この4つを客観的に見つめ…

『今の仕掛けで十分なのだろうか?』

『学ぶだけで与えていないのではないだろうか?』

『フィードバックを十分に行えているだろうか?』

『日々、課題を持って人生に臨んでいるだろうか?』


と、自問することでバランス良く相乗効果を発揮することが可能になります。



相乗効果。

私達は、どんな人に対してもこの理念で接して行く必要があるのではないでしょうか?

posted by けんぞ〜 at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■コミュニケーション錬金室
この記事へのコメント
複数人があつまることで相乗効果が得られるというのは素晴らしいことですね!日々の参考にさせていただきます。
Posted by LAビジネスウォッチャーズ at 2006年09月14日 01:48
コメントありがとうございます^^
LAビジネスウォッチャーズ、いつも楽しく見させて頂いています☆
私の今までの人間関係は、全て相手の出方に依存していました。
でも、自分の意志次第で誰とでも相乗効果を生むことができると気付いてからは、全てを自分の責任だと考えることができるようになりました^^
今回は、LAビジネスウォッチャーズ様のように、多くのメンバーで活動していらっしゃる方々からコメントを戴けたことを大変光栄に思います☆
今後とも宜しくお願いいたしますm(__)m
Posted by けんぞ〜 at 2006年09月14日 14:34

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。