2006年08月08日

ニューコードNLPの原点…

200608081303000.jpg

こちらの本は、私が購入した中でも、歴代最高額になります♪
装飾も、厳かな感じで素晴らしいです^^
匂いもいい感じ←マテ
後は内容なんですが…^^;
どうか素晴らしい本であることを願っています。
以前読んだNLP関連の本は、どれも素晴らしかったので、その最高論文であるこの本への期待は高まります。値段的にも!!(;゚゚)ノ



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
posted by けんぞ〜 at 13:52 | Comment(3) | TrackBack(0) | ■超個人的日記
この記事へのコメント
本届きましたか!!
10500円の本の威力はいかに!!
Posted by デリピエロ at 2006年08月08日 18:32
〉デリピエロさん
結論から言えば、この本の内容は…驚く程素晴らしいか、期待外れかのどちらかだろうと推測しています。何故なら…
訳者あとがきによると、この本の概略は『本書は、NLP共同創始者のジョン・グリンダー氏とNLP共同創始者のジュディス・ディロージャ女史が1986年3月にカリフォルニア州サンフランシスコで開講した「個人的な天才になるための必要条件」というセミナーの内容転記本の翻訳』となっており、目次の羅列も…
・謝辞
・読者への警告
・はじめに
・序文
・第一日(セミナーの日)
・第二日
・第三日
・第四日
・第五日
・エピローグ
・脚注
・参考文献
・訳者あとがき
となっていて、目次から本の内容が全く推測できないからです^^;
ただ興味深いのは、この本の訳者の北岡泰典さんは過去2年間に、2冊のNLP重要な入門書である「改訂版Magic of NLP」と「ビジネスを成功させる魔法の心理学」を翻訳されているそうで、訳者あとがきの中で『今回、私がNLP最重要書の一冊と見なしている本書…(以下略)』とコメントしていることです。
もともとニューコードNLPとは、NLPがさらに突き進んだ分野で 、未完成だったこともあり、つい最近まであまり一般に知れ渡ることはありませんでした。
NLP・ニューコードNLPともに創始者は同じ方なのですが、その創始者が書いた本書は、まさに最先端の分野である『ニューコードNLPの"原点"』であり、ここに書かれているのはまさに『個人的な天才になるための必要条件』なのでしょう。
私は、この本には驚愕の事実が書いてあると確信したので、\10500という値段にも関わらず購入しましたが(¨;)
ほんと、どうなんでしょうね(T∀T)
また、読み終え次第レビューをお届けします^^
Posted by けんぞ〜 at 2006年08月08日 21:14
いやぁ、今度是非その重厚な本を拝見させてください。NLPという分野はこの前ちらっとけんぞ〜さんから聞きましたが非常に興味深いです。インターネットが神経系の産業革命であるように、最新の分野であることは間違いないでしょう。

ちなみに、今日はこの前進めてくれた9つのステップを買いました。夜な夜な読んでみます。昨日は、「ウェブ進化論」を読んだのですが、これまた革命的な内容の本でした。現在のインターネット世界の最前線にとどまらず、今起こっている産業革命を理解するために欠かせない1冊だと思いました。チェックです!!
Posted by デリピエロ at 2006年08月10日 03:42

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。